TS IPSJ情報処理学会 試行標準 IPSJ-TS 0007:2004

NP提案

2002年7月26日

委員会名:WG5小委員会
主査氏名:松岡榮志

  1. NPの名称
    符号化文字基本集合(BUCS)の階層化
  2. NPのスコープ(内容)
    2002年3月に学会試行標準(TS-0005)として発表した符号化文字基本集合(BUCS)を用途に応じた部分集合(level-1,level-2)に切り分ける. 国際提案を行って,アジア各国の基本漢字集合の標準化に役立てる.
  3. 効果
    (現在起きている問題の解決,予想される混乱の回避,プロセスの効率化,作業の効率化など)
    1. 日常生活(家電製品,携帯電話など)での漢字情報処理の効率化に役立つ.
    2. ISO 10646-1,-2などでコード化された大量の符号化文字の検索や関連づけのための指標となる.
    3. 国際的に符号化文字を取り扱う上での指標となる.
  4. スケジュール
    2002年3月ドラフト作成開始
    2002年11月試行標準として提案
    2003年5月IRGへ提案(予定)
  5. その他

ページトップへ