1995年度 標準化功績賞・貢献賞

1995年度の標準化功績賞および標準化貢献賞の授賞式は1995年7月14日に開催された第10回規格総会で行われました。

標準化功績賞

吉備国際大学 池田 芳之 氏

池田 芳之氏は,社団法人情報処理学会情報規格調査会の前身である規格委員会および当調査会において1980年から1993年までの永きに亘り規格役員会および技術委員会の幹事として標準化の進展に尽力されました. また当調査会事務局の基盤作りにも専念されるなど大いに活躍されました. これらの業績は,当調査会ひいては我が国の情報技術標準化の進展に寄与するところが大でありました.

徳永 英二 氏

徳永 英二氏は,ISO/TC97当時日本で開催された多数の国際会議対応の中心的人物となり学会事務局とともに会議を運営し現事務局の諸活動の基盤を作られました. また専門委員会活動の面ではプログラム言語テキストシステム 符号化文字集合の標準化の推進に務められるなど大いに活躍されました. これらの業績は,当調査会ひいては我が国の情報技術標準化の進展に寄与するところが大でありました.

標準化貢献賞

日本ユニシス株式会社 荒木 学 氏

荒木 学氏は,日本初のDDS-2情報記録用磁気テープの国際規格化提案を率先実施し多大な成果をあげられました. また専門委員会関係ではSC11委員SC11/FD-WG委員SC11/MT-WG幹事として活躍されました.

沖電気工業株式会社 伊香 慎哉 氏

伊香 慎哉氏は,OSIのトランスポート層レイヤ管理に関する多数の寄書提案を行いこの標準化を推進するとともに同関連プロジェクトのエディタとしてその任務を立派に務められました. また専門委員会関係ではSC6/WG4幹事として活躍されました.

日本アイ・ビー・エム株式会社 木戸 彰夫 氏

木戸 彰夫氏はSC2/WG2/IRGのラポータとしてその任務を立派に務められました またSC22/WG20関連のプロジェクトエディタとして尽力されました. 一方専門委員会関係ではSC2SC2/漢字WG国際化などの委員会の委員として活躍されました.

松下電送株式会社 小町 祐史 氏

小町 祐史 氏は,SC15関係SC18関係のプロジェクトエディタとして尽力されました. また専門委員会関係ではSC2/漢字WG,SC15,SC18,SC18/WG1,SC18/WG3SC29/WG12など多くの委員会の委員を引き受けられ活躍されました.

日本電気株式会社 長坂 康司 氏

長坂 康司 氏は, SC21/WG5小委員会幹事を歴任し現在SC21専門委員会幹事としてSC21横浜会議の開催など同委員会運営の中心的人物として活躍されました. また技術委員会などで委員会活動の活性化に関する建設的な種々の提案を行うなど尽力されました.

東京農工大学 西村 恕彦 氏

西村 恕彦氏は,プログラム言語ソフトウェア技術などの標準化に30年以上の永きに亘り携わり技術レベルの向上に尽力されました. また専門委員会関係ではSC1SC1/WG5SC22SC22/COBOLなど多くの委員会の委員を引き受けられ活躍されました.

日本電気株式会社 早川 雄一 氏

早川 雄一氏は,日本初の90mm10MBおよび21MBの高密度フレキシブルディスクカートリッジの国際規格化提案を率先実施し多大な成果をあげられました. また専門委員会関係ではSC11委員,SC11/FD-WG幹事として活躍されました.

株式会社 日立製作所 平岩 賢志 氏

平岩 賢志氏は,私設統合サービス網関連のプロジェクトエディタとして標準の開発に深く携わり多大な成果をあげられましたまたこの標準のJIS化に当たり尽力されました. 一方専門委員会関係ではSC6/WG6/ナローバンドSGの委員として活躍されました.

通商産業省工業技術院 電子総合研究所 藤村 是明 氏

藤村 是明氏は,開放型文書体系画像処理と交換およびマルチメディアの表示環境の国際標準化に深く携り多大な成果をあげられました. また専門委員会関係ではSC18委員,およびSC18傘下の各種WGの委員,SC24幹事,SC24/WG7主査,SC29/WG12委員などを引き受けられ大いに活躍されました.

松原 友夫 氏

松原 友夫氏は,ソフトウェア技術の標準化に15年以上の永きに亘り携わりSC7関係のプロジェクトエディタを務められました. また専門委員会関係ではSC7,SC7/WG9,SC7/WG10などの委員会の委員として活躍されました.

富士通株式会社 村上 憲稔 氏

村上 憲稔氏は,ソフトウェア技術の国際標準化に当たりソフトウェアライフサイクルプロセスを日本から積極的に提案するなど主導的な役割を果たし国際規格の制定に尽力されました. また専門委員会関係ではSC7委員,SC7/WG7主査として活躍されました.

日本電信電話株式会社 安田 浩 氏

安田 浩氏は,1984年SC2/WG8会合に画像符号化専門家として参加して以来,1986年には同WGのコンビーナとなり,さらに1991年にはSC29議長としてJPEG/MPEGなどの画像符号化国際標準を推進されました.

日本アイ・ビー・エム株式会社 渡辺 芳明 氏

渡辺 芳明氏は,分散オフィスシステム間通信関連のプロジェクトエディタとして標準の開発に深く携わり多大な成果をあげられました. また専門委員会関係ではSC18委員SC18/WG4幹事として活躍されました.

ページトップへ